デリケートゾーンが汗臭い!人には聞けない悩みを解消するニオイケア5選

暑い日はもちろんですが、日頃デリケートゾーンが汗で蒸れてしまったり、その蒸れでかゆみを感じたりしたことってありませんか?

もしかしたら私だけかもしれませんが、なんとなくニオイも「少し汗臭いかもしれない」と気になります。

汗をかいても、汗ふきシートで身体を拭くことはできますがデリケートゾーンを拭くことはできませんよね。結果的に汗から雑菌が繁殖してしまって痒くなったり、汗疹(あせも)の原因になることもあるんです。

デリケートゾーンの場合は、清潔にしておくためのパックとかも見かけたことがないですし、石鹸で洗いすぎると菌が死んでしまって余計に雑菌が繁殖してしまうと聞いたことがあります。

正直、こういった話しって周りの友達にも恥ずかしくて聞きづらいですよね。デリケートゾーンのケアをみんなどうしているのかって気になりませんか?

今回は、そんな汗によって臭ってしまうデリケートゾーンのニオイケアについておすすめしたい対策を5つにまとめてみました。悩んでいた人は是非こちらを参考にしてみてくださいね。

1. 専用の石鹸で汚れを落とす

デリケートゾーン専用の石鹸って使ったことありますか?この存在を知らない人もいるかもしれませんが、通常の市販で売られているボディソープは殺菌作用が強いので、肌が弱い人だとデリケートゾーンに痒みを感じたり染みてしまったりするそうです。

また、先ほどもお話しましたが洗いすぎてもいけませんし、ニオイの元である「菌」を殺菌することが大切なのですが、良い菌も常在菌としているので全てを殺菌してしまうと免疫力も落ちてしまいニオイが強くなって逆効果になることがあります。

そこでオススメしたいのが「デリケートゾーン専用の石鹸」です。最近ではドラッグストアの生理用品コーナーなどにも置かれていて、何となく見たことがある人もいるのではないでしょうか?

通常の市販ボディソープを使っていると殺菌作用効果が高いので肌にダメージを与えていたのですが、デリケートゾーン専用には成分にもこだわりがあって、「ニオイを抑えることを目的とする成分」や「臭くする菌のみを殺菌してくれる成分」が入っているんです。

毎日洗うことによって、汗臭いニオイの元もキレイにしてくれるので使うなら私は断然市販のボディソープよりもデリケートゾーン専用の石鹸です。

ただ種類も色々と増えてきてる中で、おすすめのケアとしてもどれを選べばいいのかわからないですよね。ここでは、そんなケア用品を選ぶポイントなどをまとめてみました。

「ジャムウ」の表記を必ずチェック

デリケートゾーン専用の石鹸を見ていると、「ジャムウソープ」という言葉をよくみかけると思います。私は初めて見つけた時は「ジャムウ」という名前の植物か何かだとばかり思っていました。

でも実はこれって、天然ハーブを調合したものをまとめたもので、特定のものではないそうです。つまり成分に天然ハーブが入っていたら、それは「ジャムウソープ」と呼ばれるということなんです。購入する時は成分にも気を付けるようにしてくださいね。

また、消臭に有効とされている「ミョウバン」や「柿渋エキス」が配合されているものを使うことがおすすめでこれらの成分は肌にも優しいので使った時や洗いあがりも安心して使うことが出来るんですよ。

「消臭にピッタリのジャムウ配合」と記載されていても、なんの植物が入っているのかによって効果に差が出てきます。実際に使ってみて自分の身体との相性もありますが私は実際に使ってみて感じたことは

  1. 容器に入っていると使いやすい
  2. 妊婦さんにも使える低刺激
  3. 口コミの評価が高い

この3つがポイントだと思いました。固形石鹸でももちろん効果の高いものもありますし、専用の石鹸としてはそっちのほうが多いですが、泡立てるのが面倒になってきてしまったり洗い終わった後に石鹸を乾かすために通気性の良い所に保管する手間があるので、パパっと洗いたいという人は容器に入っているのを選びましょう。

ゴシゴシ洗わず泡で洗う

ニオイや汚れを落とす時って、どうしてもゴシゴシと強めに洗ってしまいますがそれは肌を傷つけてしまいますよね。洗顔でも必要な皮脂まで落ちてしまうので「泡で洗う」という言葉を聞いたことがあると思います。

デリケートゾーンも同じで、肌は顔よりもとても敏感なんです。その為、ボディタオルはもちろん強めに洗ったら傷つけて炎症させてしまう恐れがあります。

【洗い方】

石鹸を泡立てネットなどで、モコモコさせたらその泡で洗うイメージで洗うようにしましょう。泡で洗うことによって肌も傷つかないですし商品によってはそのまま泡パックをして黒ずみまで軽減させる方法もあるんですよ。

肌が強いからといって、強く洗っても大丈夫とかではなく、デリケートゾーンは誰でも皮膚が薄いのであまり強めに洗っていると自覚症状なく炎症を起こしてしまいオリモノに影響してニオイが強くなってきてしまいます。

やっぱり大切な部分ですし、加減を知らずに適当に洗ってしまうと逆効果でニオイを強くしてしまうので使う石鹸はもちろん洗い方にも注意してくださいね。

持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸

2. 膣内洗浄で中からキレイにする

デリケートゾーンの表面だけを洗うのではなく、膣内までを洗ってキレイにすることを「膣内洗浄」といいます。膣内洗浄といっても色々な洗い方がありますが、自分で指を入れて洗ったり、お風呂のお湯を使って洗ったりするのは雑菌が入ってしまう危険があるので絶対にやめましょう。

汗臭いというのは、脇などであれば汗拭きシートを使えばいいですけどデリケートゾーンはそうもいきません。成分がデリケートゾーンにとっては強すぎるのでかぶれたりしてしまう恐れがあります。常に日頃からオリモノが分泌されている部分なので、まずはそこをスッキリさせなくてはいけないんです。

そこで膣内洗浄の出番になったというわけです。基本的には膣内洗浄をする場合、

「産婦人科で診てもらう」か「自宅で膣洗浄する」

この2つのどちらかですが、病院へいっても医師の判断によっては膣洗浄が必要ないと言われる場合があるので個人的には自宅でケアすることをおすすめします。

ここでは、膣内洗浄をどのように行えばいいのかをまとめてみましたので、

  • 「名前くらいしか聞いたことない」
  • 「やり方がわからない」
  • 「何を使って洗えばいいの?」

と、疑問に思っている人は是非こちらを参考にしてみてくださいね。

産婦人科医と共同開発した「インクリア」

洗い流すタイプの膣内洗浄の場合、全ての菌を流してくれるのですがこの「全て」というのが問題で膣内には雑菌や汚れなどから守ってくれる良い菌もいるんです。

全て流してしまうとその良い菌まで流れてしまうので守ってくれるものがなくなって汚れや雑菌で繁殖されてしまいます。どうしても使いたいのであれば月1回にしましょう。

実は膣洗浄器は最近市販でも販売されているのですが、これは洗い流さないジェルタイプで100円玉くらいの少ない量しか入っておらずタンポンのように膣内へ入れて使います。

ジェルが入ったら、そのまま放置しておけば時間をかけて汚れや雑菌などを徐々に排出していってくれるそうです。洗い流さなくていいので、わざわざお風呂場で使う必要もなく外出先などでもトイレでカンタンに使うことが出来ます。

私も実際に使っているのですがまず病院へ行かなくても産婦人科医と共同開発していると聞いただけで安心できました。成分も口の中に入れても問題がないので、それなら安全性はバッチリだと思いますよね。

生理前後の時期のオリモノのニオイって汗と混ざって余計にキツくなるんですけど、11回いつでも使えるのでニオイが気になった時はもちろん、使い続けることによって効果が更にでてきます。

自浄作用が強化され汚れがなくなる

あのデリケートゾーンから臭ってくる独特な汗臭いニオイは「菌」が原因なのはもちろんですが、「アルカリ性」も関係しています。きちんと汚れを洗っているつもりでも、できていないことがあります。その溜まった汚れにアルカリ性が付着していて雑菌と混ざって悪臭に変わるんです。

インクリアには「乳酸」が含まれていて、それが膣内に入ることによって「酸性」になって雑菌や汚れなどからの侵入や繁殖を防いでくれるので臭いオリモノやニオイを軽減してくれるんです。

また、膣内洗浄をすることによって、膣内を清潔な状態を保つこともできて膣の自浄作用を整えてくれます。つまりオリモノが正常な状態になるのでニオイの元の汚れや菌が排出されていくので混ざって悪臭に変わるということが軽減されていきます。

洗浄だけでなく、ニオイも軽減してくれるというのが嬉しいですよね。使い続けることで膣内環境が整えられていくので気になっていた汗臭いニオイも軽減されていけば自信に繋がっていきますし衛生面でも安心できますよね。

膣内洗浄をするのなら使い捨てビデで洗い流すのではなく、インクリアで膣内の働きを正常にしてあげましょう。

【インクリア】

3. 脱毛で汗ムレを防ぐ

普段からアンダーヘアを処理しておかないと、下着の中はどうしても篭ってしまうので汗で蒸れてしまって痒みの原因や炎症することがあります。

水着などを着る前に自己処理とかする人も少なくないを思いますが、自分で整えるのって本当はよくないんです。やっぱり肌が弱いので赤いポツポツが出てきてしまったり蒸れてくると、今度は中のニオイが気になり始めますよね。特に汗をかいている時なんて、その場で汗を拭いたりすることなんて出来ません。

脱毛で汗ムレを防ぐというのは、もちろんVIO脱毛のことです。もちろん全く毛がない状態もありますし、形を整えて量を減らすという方法もあります。

アンダーヘアはデリケートゾーンを守ってくれている役割だと思っていましたが、最近ではそれが逆で衛生面を考えるとない方がいいと言われていて海外ではハイジニーナ脱毛が身だしなみのマナーとして当たり前になってきています。

デリケートゾーン脱毛をするにあたって、気をつけてほしいのが「脱毛方法」と「サロン選び」です。やり方もお店も1つだけではありません。
ここでは、どういったことに注意して選べばいいのかまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

痛みが苦手なら「光脱毛」

脱毛する場所についてですが、脱毛方法や内容によって施術するところが変わってきます。まず脱毛できるところは2種類あって「エステ・脱毛サロン」か「医療機関・クリニック」です。

アンダーヘアがあることによって、下着の中が蒸れてしまって特に生理中とかはニオイが篭ってしまいますよね。私はあのなんとも言えないニオイが本当に嫌で、周りの人にまで臭っているんじゃないかと心配になります。

でも脱毛をすることによって、「アンダーヘアでの蒸れが軽減」、「汗や汚れが付かない」、「ニオイが軽減される」といったメリットがあるので海外では「どうして日本人はデリケートゾーンの処理をしないのか」と疑問に思われているんですよ。

海外では、デリケートゾーン脱毛は身だしなみのマナーとして当たり前になってきているので処理をしていないと「不潔」といった印象になるそうです。

実際に脱毛をするとなった場合、脱毛にも種類があるのでご紹介しますね。

 

タイプ 痛み こんな人におすすめ
エステ、脱毛サロン 光脱毛 ゴムでパチンと弾いた
レベル
・痛みに弱い
・毛の量を減らしたい
・毛が太く、細くしたい
医療機関 レーザー脱毛 毛抜きで太い毛を抜いた時のようなレベル ・太い毛をなくしたい
・脇毛が濃い

 

基本的には「光脱毛」か「レーザー脱毛」です。デリケートゾーン脱毛は1番痛いと言われていますが、脱毛方法によっては思っていたよりも痛くありません。

レーザー脱毛は、医療機関なので麻酔を使うことも出来るんですが毛が太い人は痛みを感じることが多いです。光脱毛なら痛みで言うと「輪ゴムで弾かれたような痛みよりも痛くない」です。確かに音が「パチっ」というので凄く怖い印象でしたが痛みは少なかったですし慣れたらそのまま寝れそうなくらいでしたよ。

人によって痛みの感じ方は様々なのでやってみないと何とも言えませんが私の意見としては「痛いのが我慢できない」、「痛いのは絶対に嫌だ」という人は光脱毛を選んだほうがいいと思います。

まずは脱毛サロンでお試しから

「実際にやってみないとわからないし、どっちがいいのかわからない」という人は、まずは大手の脱毛サロンにある体験プランを利用してみてはいかがでしょうか?デリケートゾーン脱毛がどういったものなのかを体験してみてから、光とレーザーのどちらが自分に合っているのかを考えてみても遅くはないです。

自分でVIO部分を自己処理をしていると、すぐその場で出来るので脱毛当日にキレイになると思ってしまいますが実は効果には時間がかかります。目安としては2週間くらい経ってから抜けてきます。

また、毛には周期があるので1回だけで効果を実感できるというのは難しいです。「少し薄くなったかも」くらいのレベルなので実際にやってみても最初は微妙に思ってしまうかもしれません…何度か通っているうちに「毛がなくなってきた」と効果を感じられるようになります。

もしも効果について気になるようであれば、保証制度を設けているサロンで施術してみてもいいですしお試しコースなどがあればそちらでやってみて様子をみてみるのもいいと思いますよ。

私は痛みよりも「恥ずかしい」という気持ちのほうが大きかったかもしれません…。いくら女性が対応してくれるからといっても、やっぱり他人に見られるというのはちょっと恥ずかしいです。

でもスタッフさんに「脱毛のプロで毎日何人ものお客様を施術しているので気にしなくて大丈夫ですよ」と言われてからは気にならなくなって今では痛みにも慣れてきて寝てしまいそうになるくらいです。相手はプロですし、色んな女性のデリケートゾーン脱毛をしているわけですから安心してくださいね。

脱毛サロン KIREIMO

4. デオドラント剤でニオイをカバー

洗ったり、脱毛をしたりとニオイケアをしても汗臭いと感じるのは気にしすぎですが、心配しすぎていると余計に汗が出てしまって臭ってしまいます。

気持ちの問題も実はあるのですが、いつでもカバーできるのが「デオドラント剤」です。普段は脇汗が気になったりすると使うイメージがありますが実はデリケートゾーンにも使えるケア用品があります。

ここでは、どういったところに気をつけて選べばいいのか実際に使ってみて感じたことを含めてご紹介します。

消臭効果があるけど低刺激

  • 「デリケートゾーンのニオイが気になるけど誰にも言えない」
  • 「汗のせいで蒸れて臭ってしまう」
  • 「突然のお泊りで困っている」

こんな悩みはありませんか?デリケートゾーンってやっぱりとても敏感な部分なので、殺菌作用があるのは良いことですが肌に合わずに荒れてしまうなんてこともあります。

その為、選ぶ時は「妊婦さんでも安心して使える低刺激」のものをおすすめします。女性は生理中はもちろんですが、妊娠中ってとても肌が荒れやすく敏感になるんです。そんな中でも使えるというのは本当に成分にこだわっていて着色料はもちろん合成香料のないものがいいですよね。

乾燥しやすい時期になると痒みも出てくるので、保湿成分が入っていると更に季節関係なく使えますし黒ずみも改善されていきますよ。

 

即効性がある

やっぱり1番は、即効性のあるものがいいですよね。そこは口コミを読んで見極める必要がありますが私がデオドラント剤で私がおすすめしたいのがデリケートゾーン専用クリームの「アクアデオ」です。

臭いニオイの元をカットしてくれるのはもちろん、汚れを落としてから塗ると汗やニオイを抑えてくれるのでサラッとしてきます。突然のお泊りの時とかでも、お風呂後に塗っておけばニオイが気になりませんし汗をかいてもベタツキ感が残りません。

使い方としてはお風呂に出たあとと、お出かけの前と1日2回塗るだけでニオイケアができます。無香料でニオイも混ざりませんし、嫌なニオイの原因になる汗を抑えて殺菌してくれるので効果に期待できますよ。

しかも足や脇にも使えるので、「いつも全身ニオイが気になって仕方ない!」なんて人にはこれ1本だけでいいのでおすすめです。

【アクアデオ】

 

5. 食生活を見直す

食生活を変えるだけでもデリケートゾーンのニオイが変わるのかとても疑問でしたが、元々は体臭と食べ物が関係していたという話しから改善策ができました。

【ニオイを臭くする食べ物】

  • 肉類
  • ラーメン
  • ジャンクフード
  • スナック菓子
  • 乳製品
  • ニンニク
  • ケーキ

これだけ体臭を臭くしてしまう食べ物があるのを知っていましたか?食べるのは害ではありませんが、体内で分解される時にニオイが発生するのですが脂肪分が多ければ多いほど臭さが強くなってきます。特に肉類は、分解するまでの間に腐っていったニオイが強烈なので毎日のように食べていると体臭に影響してきます。

私はお肉が大好きで毎日食べていたのですが、やっぱり汗をかくとニオイが気になりますしデリケートゾーンも洗っているはずなのに汗臭さを感じていました。

では、ここではどういったことに気をつければいいのか改善できる食べ物を含めてご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

体内の汚れが落とせる

体臭を強くしてしまう食べ物もありますが、逆にニオイを軽減してくれる食べ物もあります。身体に溜まった老廃物を排出してくれて身体の中をキレイにしてくれるんです。

【ニオイを軽減してくれる食べ物】

  • 緑黄色野菜
  • 柑橘系果物
  • きのこ類
  • 海藻類

これらを摂取することによって、ニオイの原因である酸性を中和してくれる働きがあります。体内に毒素をためていると汗になって臭いニオイが発生してデリケートゾーンまで臭ってきてしまうんです。

食べ物だけでダイエットした人がいるように、体臭も食べ物で改善ができます。私のおすすめは「きのこ」です。えのきなど1袋を毎日食べ続けると、便秘しらずになってスッキリしますよ。

 

食事を作るのが面倒くさいという人はサプリメントなどで補うだけでも変わると思います。好きな食べ物ばかりだけでなく、それと一緒に野菜なども摂取して体内に毒素をためないようにしてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、デリケートゾーンの汗臭いニオイケアについて5つをご紹介しました。

  1. 専用石鹸で泡で洗う
  2. 膣内洗浄もして中もキレイ
  3. 脱毛をして蒸れを軽減
  4. デオドラント剤で速攻ニオイカット
  5. 食事で体内環境を整える

いつもニオイが気になっていて悩んでいた人も、これだけの改善方法があるということがわかりました。それぞれ是非1度試してみてくださいね。