デリケートゾーンの臭いは洗ってスッキリ!おすすめジャムウ石鹸TOP3

大人になってくると、今まで気にしていなかったデリケートゾーンのニオイに「何か臭うかも!?」と思い始めることがありませんか?

生理前後や、ストレスや疲れが溜まっている時にいつもよりもオリモノのニオイとかが気になって「周りの人にもバレていたら嫌だ」と思いますよね…私も椅子に座る時とか、トイレに行った時に気付いてショックを受けたことがあります。

でも、こういったニオイについては女性はみんな悩んでいるんです。「自分だけなのかも…」と思っていませんでしたか?ニオイの悩みは、「やっぱり恥ずかしくて誰にも相談できない」という人が多いだけであって誰もが悩んでいるんですよ。

そのデリケートゾーンのニオイの原因は「菌」が繁殖しているせいなのですが、対策としてまず初めに「正しく洗う」というのが基本です。

今回は、デリケートゾーンのニオイ対策としての正しい洗い方とおすすめのデリケートゾーン専用石鹸についてランキングに分けてまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

デリケートゾーンの間違った洗い方

みなさんは、普段どうやってデリケートゾーンを洗っていますか?特に誰かから教わったわけでもないので自分でなんとなく洗っているという人がほとんどだと思いますし、私も今まではよくわからずとりあえず洗ってるという感じでした。

でもこの洗い方が重要で、間違った洗い方はニオイの元の菌を繁殖させてしまい臭くしてしまうんです…つまり洗えば大丈夫だと思っていても間違った洗い方をしていると、気付かないうちにあなたのデリケートゾーンは臭っている可能性があります。

そんなの絶対に嫌ですし、好きな人とエッチするときに臭かったりしたら恥ずかしいですよね。もし逆の立場だったら気持ちも軽減してしまうかもしれません。それくらいにデリケートゾーンのニオイって普段からケアしていないといけないんですよね。

確かにみんな顔のスキンケアや洗顔は一生懸命調べたり買って試したりしてますけど、デリケートゾーンのケアとか洗い方なんて調べたり買ったりする人って少ないイメージです。

でもこうしてこの記事を読んでいるということは、少なからずニオイで悩んでいて調べてきたということですよね。ここでは、今までの自分の洗い方と見比べながら読んで欲しい「間違った洗い方」についてお話します。是非参考にしてみてくださいね。

お風呂のお湯で洗う

まずお風呂で洗う時に注意してほしいのがこの「お風呂のお湯」です。湯船に浸かると疲れもとれるしスッキリしていいですよね。私もお風呂は大好きですし、入浴剤とか集めるくらいなんですけどCMで「お風呂には潜伏菌が潜んでいる〜」っていうのを見たことありませんか?

そうです、その潜伏菌が入ったお湯でデリケートゾーンを洗うというのがダメなんです。まだお湯をためたばかりでもお風呂のお湯には菌が入っています。そのお湯はもちろんですし、入った後のお湯は更に汚れがあるのでそのお湯でデリケートゾーンを洗うとなると想像してみるとちょっと怖いと思いませんか?

学生時代は全く気にしていなかったので、気にせず洗っていましたが考えてみればニオイの原因は菌なので注意しないといけませんよね。

洗うことはいいですけど、デリケートゾーンって思ってるよりも敏感ですし通常の皮膚よりも薄いのでより一層大事にしなければいけないんですよ。なので洗う時は、できるだけシャワーを使ってあげた方が安全です。

市販のボディソープを使う

今まで市販のボディソープを使っていて、デリケートゾーンの部分を洗ったら少しヒリヒリしたり染みたりしたことってありませんか?私は実際に洗っていて、痛みを感じたことがあったので肌が弱いのかくらいにしか思っていなかったのですが、実はこれは当たり前のことなんです。

先ほどもお話しましたが、デリケートゾーンの皮膚は薄くとても敏感です。基本的に市販のボディソープは殺菌作用があるのでその分成分が強くて肌が弱い人には合わないんです。そのためデリケートゾーンを洗っていると、かぶれたり痒くなったりといった症状がでることがあります。

特に生理前後などのホルモンバランスが上手くとれていない時は、そういった症状が出やすいそうです。今まで問題なかったという人でも自覚症状がないだけであって、あまり肌によくはありません。

また、そこで炎症を起こしてしまったりするとそこから菌が繁殖してしまい、痛みはもちろんニオイも強くなってしまうので「デリケートゾーン専用」を使うようにしてみましょう。

洗顔だってボディソープでは洗わないですよね?それと一緒でデリケートゾーンだって同じようにそれに合った成分を使っているもので洗ってあげたほうがいいですよ。

ボディタオルでゴシゴシする

ちょっとニオイが気になったり、汚れを落としたいときってボディタオルでゴシゴシ洗ってしまうことって腕とか足とかでもありますよね。その気持ちすごくわかりますし私もよくやってました…

でも、また洗顔で例えてしまいますがゴシゴシ洗うと肌が傷つくから良くないというのを聞いたことありませんか?だから泡で優しく洗うのが1番いいと言われていますよね。

確かに臭いと強く洗いたくなる気持ちはわかりますし、何となく強めに洗えばニオイも取れるんじゃないかって思ってしまいます…

でも強めにゴシゴシ洗ったりなんかしたら、中の粘膜の部分が傷ついてしまって痛い思いをしますし、そこから菌が入ってしまったらなんて考えたら恐ろしいですよね…デリケートゾーンを洗う時は、丁寧に優しくするように注意しましょう。

おすすめのデリケートゾーン専用石鹸TOP3

デリケートゾーンが臭い原因の1つとして正しい洗い方をしなければいけなかったということがわかりました。そこで先ほどもお話にでてきたように、洗う時は市販のボディソープではなくデリケートゾーン専用のものでなければ肌にも負担をかけてしまうのでできれば使ったほうが良さそうです。

でも、実際にデリケートゾーン専用のものと言われてもどんなものを使ったらいいのかってわからないですよね。私も初めてこういったものを知るまでは何も知りませんでしたし、どの石鹸を選んだら良いのかとても悩みました。

 

まずデリケートゾーン専用の石鹸には

  • ニオイ対策
  • 黒ずみ対策

主にこの2種類に特化していて、もちろん両方にも対応しているものもあります。

ここで注意してほしいのが、ニオイの元である「菌」を殺菌することが大切なのですが、実は良い菌も常在菌としているので全てを殺菌してしまうと免疫力も落ちてしまいニオイが強くなって逆効果になることがあります。使う時は肌に優しい低刺激の石鹸を選ぶようにしてくださいね。

それでは、ここでおすすめしたいデリケートゾーン専用石鹸をランキングに分けてまとめてみました。ネットで調べてみると種類がたくさんありすぎて迷った経験のある私が「実際に使ってみて良かった」と思える商品なので是非参考にしてみてくださいね。

1位 コラージュフルフル泡石鹸

furfursavon

この石鹸は「低刺激」で「弱酸性」、そして「製薬会社から販売されている」というところに惹かれました。

悪い菌を増えさせない成分と殺菌作用の成分が含まれているので、もしデリケートゾーンが蒸れてしまっても悪い菌の増殖を抑えてくれます。デリケートゾーンの菌の状態を正常に保ってくれるので清潔でいられますよね。

ニオイの元の「菌」に着目していて、「オリモノ」「蒸れ」「ニオイ」の対策に期待ができる石鹸です。石鹸は無臭なので香り付きが苦手という人にもおすすめです。

泡立てなくても泡のまま出てくる

私が気に入っている理由の1つがこの泡の状態で使えるということです。今までデリケートゾーン専用の石鹸って固形石鹸がほとんどだったんですけど、やっぱり固形だとすぐ溶けてしまったり洗った後に乾燥出来るところにおいておかないといけないので面倒くさがりな私には向いていなかったんですよね…

コラージュフルフル泡石鹸は名前の通り、泡になってボトルから出てきます。石鹸というよりもボディソープのような感じでわざわざ泡立てなくてもいいのであとはそのまま洗うだけというのがいいですね。疲れてる時とかって早く寝たいのでシャワーで済ます日もありますが本当に助かってます。

効果はもちろんなんですけど、使ってみて実感したのが続けるのって使いやすさが1番大事だと思いました。

妊婦さんも使えるので優しい

殺菌作用の効果がある石鹸って、人によっては合わなかったりするんですけどこの石鹸は赤ちゃんと同じ弱酸性なので妊婦さんはもちろんなんと赤ちゃんのお尻まわりにも使うことができるそうです。

赤ちゃんの肌ってデリケートなので、一緒に使えるということに驚きました。デリケートゾーンは自分が思っているよりも本当に敏感で皮膚が薄いので殺菌効果の高いものだと成分によってはかぶれてしまったりするんですよね。私は以前市販のデリケートゾーン専用石鹸を使って炎症を起こしてしまったことがあります。

大事な部分だからこそ、商品の選び方には慎重になりますし絶対に失敗したくないですよね。敏感な肌にも使えるて洗い心地が優しいので今まで使ってみて荒れてしまった人は是非1度試してみてください。

持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸

2位 ロンタルハーバルジェルソープ

lontar

ニオイ&黒ずみの両方がケアできるジャムウソープです。デリケートゾーン専用の石鹸を調べていると「ジャムウ」という言葉をよく見かけると思いますが、これは天然ハーブを調合したものを言います。

私はジャムウという植物か何かだとばかり思っていましたが、実は「天然ハーブ」でした。なので商品によって入っているハーブが違うので効果も変わってくるんですよ。「パパイヤ」や「ローズマリー」、「ティーツリー」などの肌に良いといわれている天然の成分なのでデリケートゾーンを優しく洗うことができます。

また、消臭に有効とされているミョウバンや柿渋エキスが配合されているのと、日本人女性の肌質に合うようにということを考えられているので敏感肌の人も安心ですよね。

容器に入ってるから楽ちん

やっぱり洗う時って濡れた手で固形石鹸を触ると、滑って落としてしまったりするのでちょっと面倒なんですよね…。でもこのジャムウソープはジェルタイプになっているのでチューブ容器から出して使えるんですよ。

個人的にはこのロンタルハーバルジェルソープはジェルタイプの専用石鹸になっているので洗顔するときみたいで使いやすいと思いました。

デリケートゾーンの泡パックができる

全身にも使えるので気になる脇のニオイにも効果的です。そして、泡パックをすることによって黒ずみが軽減できちゃいます。

デリケートゾーンの黒ずみって、好きな人に見られた時にちょっと嫌ですよね。やっぱりキレイにしていたいからこそケアすべき部分だと思います。洗う時に泡パックすると美容液成分のおかげで黒ずみがなくなってくるので自信になりますよ。

ニオイと黒ずみ両方気になるという人には、全身にも使えるのでおすすめです。

ジャムウ ロンタル ハーバル ジェルソープ

3位 シークレットレディ ジャムウソープ

jsoap

デリケートゾーン専用石鹸を調べたり、試したことのある人は見かけたことがあるかもしれません。

これは固形タイプの石鹸なんですが、どうして面倒くさがりな私がこの商品をおすすめするのかというと、ニオイに悩んでいる日本人女性に最適な石鹸だからなんです。

洗い方の問題で臭うこともありますが、代表的なのが「蒸れ」ですよね…この蒸れのせいで臭うのを「サトウキビエキス」や「茶葉エキス」などの消臭効果が期待できる成分でケアすることができるんです。

まずは試しに使ってみたいという人や、少しニオイや痒みが気になる人は是非試してみてくださいね。

【シークレットレディ ジャムウソープ】

 

まとめ

いかがでしたか?

デリケートゾーンの洗い方によって、ニオイを強くしてしまっていたので泡で優しく洗ってあげることが大切だったということがわかりましたね。

私が今までに使ったことがあるデリケートゾーン専用の石鹸をおすすめのランキング形式で紹介してみましたが、最近は種類も豊富になっているので初めて買う人はやっぱり悩んでしまうと思います。

  • ニオイが臭いし、痒みも気になるという人は「コラージュフルフル泡石鹸
  • ジャムウソープ使ってみたいけど固形石鹸は苦手という人は「ロンタルハーバルジェル
  • まずはどんなものなのか試したみたいという人は「シークレットレディ ジャムウソープ

こういった感じで、悩み別で選ぶといいと思います。

初めてデリケートゾーン専用の石鹸を使ってみようとしている人は是非参考にしてみてくださいね。