その膣内洗浄は本当に大丈夫!?正しい洗い方でニオイもさよなら

まず「膣内洗浄」という言葉を聞いたことがありますか?学校などでの保健体育で習った記憶もなく最近ドラッグストアなどで商品を見たことがあるくらいの印象かもしれません。

私もこの存在を知ったのは大人になって大分経ってからなので、知らないからといって恥ずかしいということではないので安心してくださいね。

まず、簡単にいうと名前の通りでデリケートゾーンの表面だけでなく中側の膣内を洗うことです。洗い方なんて小さいころに誰かに教わるわけでもなかったのでみんな自己流だと思いますが、初めて生理がくるとニオイが気になってきますよね。そこから洗い方とかを気にしだすのではないでしょうか?

 

でも「どうやって洗うのがいいのかわからない」という女性がほとんどだと思います。知りたくても恥ずかしくて、誰かに聞くことも出来ないですし、友達とそういった話をすることもないですよね…

間違った膣内洗浄をしてしまうと、オリモノのニオイがキツくなってしまったり炎症を起こしてしまう原因にもなるので正しく洗わなくてはいけません。

今回は、そんな誰にも聞けない膣内洗浄の正しい洗い方と間違った洗い方について、それぞれ分けてまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

あそこが臭くなる原因

今までやり方もわからず自己流でデリケートゾーンを洗ってきたと思いますが、ある時突然「何か臭い…」と感じたことはありませんか?

デリケートゾーンは尿などをティッシュで拭きとっても汚れが取れきれていなかったり、オリモノに関しては周期によってどうしても臭ってしまうものなので仕方がないかもしれません。

でも、間違った洗浄をしていると更にニオイを悪化させてしまうこともあります。そもそも正しい洗い方だってわからないので何が間違っているのかなんてわかりませんよね…私もその1人でした。

とにかく生理の時とかは、やっぱりニオイが気になってしまってシャワーで何度も洗いましたしボディソープをたくさん使ってみたりと色々試してみました。結果的にオリモノの量が増えてしまって、更に悪化してしまい間違った洗い方だったことに気が付きました。

そんな嫌な思いをしてほしくないので、ここでは今からでも遅くないニオイを悪化させてしまう洗い方についてご紹介します。もしかしたら今までやっていたかもしれませんが、今後更に臭くならない為にも是非参考にしてみてください。

市販のボディソープを使っている

これを初めて知った時「え!?普通に今まで洗ってたけどダメだったの?」と驚きました。そんなこと聞いていないし、誰も教えてくれないので知っている人もそこまでいないのではないでしょうか…

何となくデリケートゾーン専用の石鹸やボディソープがあることを知っているレベルだと思います。

でも、ここ最近ファッション雑誌などで女の子のSEX事情などの特集が組まれるようになってから「専用のものを使ったほうが良い」というのが浸透していっていますね。ドラッグストアやミニプラなどでも、ボディソープコーナーのところにデリケートゾーン専用のケア用品が置いてあります。

普段使っているものは「アルカリ性」が多いのですが、これによって必要な常駐菌まで落としてしまい、ニオイが更に悪化するだけじゃなく、負担がかかって黒ずみの原因にも繋がってきます。

それに比べて、デリケートゾーン専用は「弱酸性」なので肌を守りながらニオイのもとを落としてくれます。ただし商品によっては良い香りで誤魔化すタイプもあるので成分にも注意して選んでくださいね。

オススメはアンボーテフェミニーナウォッシュ

デリケートゾーン専用の石鹸なんて言われても、正直どんなものが良いのかなんてわからないですよね。

そんなあなたの為に、今まで色々なタイプの石鹸を使ってきた私がこの【アンボーテフェミニーナウォッシュ】をオススメします♪

まずパッケージも可愛いので、使っていても誰にもバレないというのがメリットのひとつです。そして、妊婦さんや赤ちゃんにも使えるくらいの低刺激!

オーガニックだから肌に優しいし、安全なんです。これならデリケートゾーンも安心して洗うことができますよ!

アンボーテの公式サイトはこちら
【アンボーテ】

体験レビューを見る

ゴシゴシと強く洗っている

これは本当に臭いと、どうしてもやりたくなる気持ちはわかります。やっぱり強めに洗えばニオイも取れるんじゃないかって思ってしまいますよね。

私も「デリケートゾーンはよく洗わないといけない」と聞いた時に「ゴシゴシと洗う」と認識してしまい、学生の時に傷つけてしまって痛い思いをしたことがあります。誰にも言えなくて放置してしまいましたが今考えると、とても恐ろしいです…

デリケートゾーンは顔や身体などの皮膚と違って、名前の通りデリケートにできているのでゴシゴシと強めに洗ってしまうと、中の粘膜が傷ついてしまい炎症を起こしてしまいます。酷い場合はそこから雑菌が入ってしまうことがあるので優しく丁寧に洗わなければいけません。

  1. 洗顔と同じように泡立てる
  2. 優しく泡を使って洗う

と、こういったイメージで洗ってみるとわかりやすいと思います。正直「たったそれだけで汚れ落ちてるの!?」と不安になるかもしれませんが基本的な汚れや雑菌はシャワーだけでも落ちるので大丈夫です。

今まで強めに洗っていた人は、今日からすぐに止めて泡で洗うということを意識しましょう。

恥垢や汚れが落としきれていない

恥垢(ちこう)というのは、なかなか聞かない単語だと思いますが、文字のとおり性器にできる分泌物や、尿や体液が固まったもので、簡単に言えばデリケートゾーンにある垢のことです。

尿や分泌物が固まったものなので、想像しただけでも強烈な臭いというのがわかりますよね…

先ほど、デリケートゾーンの洗い方として泡で洗うというお話をしましたが恥垢は放置しておくと固まってしまってなかなかとれません。泡で優しく洗っても臭ってくる場合はその恥垢が溜まっている可能性があります。

「指の腹で優しくとる」と聞いたことがありますけど、実際に指で洗うというのは私の中では「傷つけてしまったらどうしよう!?」と心配になってしまい、考えさせられます。

そんな時におすすめしたいのが「綿棒」です。綿棒なら先端が丸くなっていて綿で出来ているので強めに使わなければ傷つく心配がありません。

もしも、洗ってみても恥垢が残っている場合は是非1度、綿棒を使って汚れを落としてみてくださいね。

膣内まで洗えていない

デリケートゾーンの表面はキレイに洗えても、さすがに中まで洗うことって出来ないと思います。私だって「そんなところまで洗わないといけなかったの?」と思いましたし、実際に洗うとしたらやり方が全く想像つきません。

でも、オリモノや経血などは膣内から排出されているので、中もキレイにしないと残ってしまっていてニオイがする可能性もありますよね。

それを考えると、確かに洗ってもニオイがするというのは納得できますしよね。膣内を洗わなければずっと臭いままな気がしてしまいます…

周りで膣内を洗っている人はいるのか気になりますが、何となくこういう話って聞きづらいですよね。でも洗浄用品が販売されているということは、使っている人がいるわけですから話していないだけでもしかしたら友達も使っているかも知れませんよ。

とにかくデリケートゾーンをきちんとキレイにしているのに、まだニオイが残っている気がするならば膣内洗浄をしてみることをおすすめします。

デリケートゾーン対策ジェル
inclearインクリア

体験レビューを見る

 

正しい洗い方でニオイを軽減

お風呂のお湯や、石鹸を付けて指で洗ったり使い捨てビデを使うのは膣内洗浄としては、あまりおすすめできない洗い方でした…

では、何が安全で良いのでしょうか?自分で洗っていいのかさえ疑問に思ってきますね…私も知識がない頃は「結局どうやって洗うのが正しいんだろう」と心配になりました。

膣洗浄器の使い捨てビデも洗い方の方法としてはいいのですが、すべて洗い流してしまうので出来たら「生理が終わるころの残った経血を落とす」という時に使用するのがおすすめです。

ここでは、膣内洗浄の正しい洗い方に関する方法を2つご紹介します。それぞれ自分に合った方法で試してみてくださいね。

産婦人科でも膣内洗浄ができる

膣内洗浄は自分で洗うものだとばかり考えていましたが、産婦人科でも膣内洗浄はしてもらえます。ただし、医師の判断になるので「異常も特にないからやりません」とお断りされることもあります。

もともとオリモノなどで臭ったりするものなので、医師からしたら「これくらいなら正常だし、気にしすぎです」と言われてしまうかもしれません。もしも断られたら、診察料が無駄になりますしあの足を開かされる時の恥ずかしさも無意味になります。

オリモノは嫌でも必ず分泌されるものなので、異常ではありません。痒みや痛みがあって気になるのであれば、一緒に診てもらうということで産婦人科へ受診するのはいいと思いますが、個人的には膣内洗浄の為だけに行くのはおすすめしません。

行ってみても、「医師の判断によっては断られる」ということを理解したうえで受診してくださいね。

オリモノを正常な状態にしてくれる「インクリア」

使い捨てビデの場合は洗い流すと良い菌まで流れてしまいますが、この「インクリア」は同じ膣内洗浄器でも洗い流さないタイプのケア用品で、膣内の浄化作用をサポートしてくれる働きがあります。

つまり常在菌を流さずに、正常な状態にしてくれるのでニオイが気になる人におすすめの洗浄器なんです。

口に入れても大丈夫なので安全な成分で出来ていますし、中のジェルには乳酸が配合されていて、それを膣内に入れることによっ酸性に傾けて、雑菌の繁殖や侵入を防いでくれるので結果としてニオイのするオリモノを軽減してくれるんです。

特にその場で洗い流すというわけではなく、時間をかけて徐々にジェルが体外に排出されていきます。

嬉しいのが、生理前後の敏感な時期でも使うことができるということです。ニオイが気になる時に使えるのが1番ですよね。サイズもコンパクトなので化粧ポーチにいれておけば簡単に持ち歩けますよ。

産婦人科医と共同開発した専門医療品

膣内に入れるものなので、ちょっと心配になるかもしれませんがインクリアは産婦人科医と共同開発して作られた専門医療品なので他のものと比べると安全面では信頼できますよね。

使用を続けていくことで膣内環境が整えられていくので、自浄作用が高くなるという効果も期待できます。

また、動画を参考にしてほしいのですが衛生面のことも考えて作られていて手に触れないような開け方や使い方になっています。タンポンを使ったことがある人ならわかると思いますがどうしても商品に触ってしまうのでそこから雑菌が付いていないか心配になるんですよね…

「病院に行く時間もない」、「産婦人科で診てもらうのが恥ずかしい」、「誰かに洗い方なんて聞けない」と悩んでいる人は是非1度試してみてくださいね。

ニオイ・オリモノ対策専用

気になるオリモノや、ニオイのケア用品は色々とありますが、ただ洗浄するだけのものがほとんどです。

インクリアは、健康で清潔な状態を保つために洗浄はもちろん膣の自浄作用のサポートを目的とすることで、セルフケア環境を整えてくれます。洗浄だけでなく、ニオイも軽減してくれるというのが嬉しいですよね。

インクリアの公式サイトはコチラ
inclearインクリア

体験レビューを見る

 

間違った3つの膣内洗浄

さて、「専用の石鹸を使う」、「泡で優しく洗う」、「恥垢を落とす」この3つをクリアしても臭っているとなると膣内にも汚れが溜まっている可能性があるということがわかりました。

膣内洗浄となると、まず「自分で洗っていいものなの!?」と疑問に思いませんか?私は、デリケートな部分だと知りながらも自分でやったら傷つけてしまいそうでとても怖いです。

それでも汚れとかが気になる人は今まで自己流で洗っていたと思います。ここでは、どういった膣洗浄の方法をしていたのかアンケートをとってみたのでご紹介します。結果として間違っている方法があるので注意しながら読んでくださいね。

「お風呂のお湯を思いっきりかける」

『小さい頃にお母さんがザバっとかけていたことを思い出して、勢いで汚れも落ちるものだと思ってやってました。でも何も効果なかったし、他にやり方がわからなかったのでずっと続けてました。』

これすご〜くわかります。温泉とか行くと周りのおばちゃんとかがジャバジャバとかけてるのを目にしたことあるんじゃないでしょうか?

強めにゴシゴシ洗うのと一緒で何となく勢いで汚れが落ちてしまうんじゃないかって思いますよね。私もこれはやったことあります。でも結局汚れが落ちたという実感はありませんでした。

ちなみにこの洗い方ですが、お風呂のお湯というのが非常に危険です。何故かと言うと、お風呂のお湯には「石鹸のカス」、「身体についた汚れ」、「溜まった垢」、「埃などの汚れ」、「潜伏菌」などの目には見えない汚れがたくさん入っています。

それをバシャバシャとデリケートゾーンにかけるというのは、想像しただけでも良くないということがわかりますよね…

湯船に入る前に、お風呂のお湯でかけ湯をすると思いますが、私はこの話を聞いてから入浴前は必ずシャワーで流してから入るようにしています。これだけでは膣内まで洗えているというわけではないので、結局は表面の汚れを軽く流したレベルですが、衛生面を考えるとお風呂のお湯は極力使わないほうがいいです。

「指に石鹸を付けて洗う」

『とりあえず膣内を洗うなら指を入れて洗うのが確実かと思ってやってました。ネイルとかしてると引っかかる気がして怖くなって途中で止めちゃいましたけど、これくらいしか方法思いつきませんよね。』

私もこの洗い方は思いつきましたけど、中を傷つけてしまったら危ないと思って試したことはありません。爪が伸びていたり、キレイにしていても手には雑菌が付いているので、いくら手を洗ってからだと言っても汚い気がして怖いですよね。

実際にこの洗い方はNGです。特に「石鹸を付けている」というところが危ないんです。「洗浄するなら石鹸つけた方が良いんじゃないの!?」と思いがちですが、その後に洗い流す時にお湯で流すとして全て流れると思いますか?

そうです、石鹸が膣内に残ってしまってそのままの状態になるので、しばらくするとオリモノなどの分泌物と一緒に混ざって更にニオイがしてしまいますし、場合によっては膣内で炎症してしまう恐れがあります。石鹸を使うだけでそんなに危険なのかと思いますが、デリケートゾーンはそれだけ弱い場所なんです。

「膣洗浄器(使い捨てビデ)で洗ってる」

『生理が長引いていて、2日後にプールに行く予定とかがある時に使ってます。一応膣内を洗って流すものなのでこれだけでも膣内洗浄できてるんじゃないかと思って、これしか使ってません。』

最近では生理用品の1つとして使われている「使い捨てビデ」ですが使ったことありますか?「セペ」とも言われていて膣内にいれて精製水で洗浄して残っている経血を出しきって生理を早く終わらせるために使うものです。

タンポンと同じように、自分で膣内に挿入して水を出すので初めて使う時は緊張しますが慣れてしまえば簡単ですし、タンポンを使ったことがある人は違和感もなく使えますよ。

ニオイを軽減するためというよりは、生理を早く終わらせるために使うのですが膣内を洗ってくれる方法としては、安全にできそうですよね。使い過ぎると、常在菌まで洗い流してしまって感染症などにかかりやすくなってしまうので使うときにはきちんと注意事項を読んで使用してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

膣内洗浄は洗い方を間違ってしまうと、臭くなってしまう原因になることがわかりました。

生理の終わりには膣内洗浄器(使い捨てビデ)と使用して、日常ではインクリアを使えば膣内もスッキリキレイになりますし浄化作用もサポートしてくれるので気になるニオイも解決できますね。

併用しながら使うことによって、悩みも解決できると思うので是非1度試してみてくださいね。

デリケートゾーン対策ジェル
inclearインクリア