なんか自分の手が臭い!?考えられる5つの原因とニオイの取り方

料理をしていると魚や玉ねぎなど、ニオイが強いものを使った時にその臭いが手についてしまって「あ!手が臭いっ!」ということってありますよね。私も、ニンニク料理をする時は手を洗ってもニンニク臭がなかなか落ちないので困っちゃいます。

こういった原因がわかっているものもあれば、何もしていなくても「もしかして、自分の手が臭いかも!?」という場合もあります。原因がわからなければ、どうやって臭いを消せばいいのかわからないですよね。

 

でも手は体の中でも一番使うところですし、人に触れやすい部分でもあるので「何とかしてこのニオイを消さなきゃ!」って思いませんか?

すぐに出来ることと言ったら「石鹸で手を洗う」とか「ハンドクリームを塗る」といった方法くらいです。一瞬でニオイを消したり、原因がわかっていればそれに合わせて対処したいですよね。

というわけで今回は、手の臭いで悩んでいる人の為に5つの原因と対策をまとめてみました!いざという時に役立つので、是非こちらの記事をチェックしてみてください。

 

1. 手汗が凄くて汗臭くなる

暑い時期はもちろんですが、年中通して手汗をかいて悩んでいる人は臭いも気になっているのではないでしょうか?というのも、私自信も手汗が酷くて「周りの人たちに笑われているんじゃないか?」「汗臭いって思われていないかな?」などいつも不安でした。

脇汗と同じように手汗も放置していると徐々に臭ってきますよね。タオルで拭いても臭いまでは消えないので、ついついハンドクリームで誤魔化したりしますがニオイが混ざって逆効果になることもあります。

ここでは、そんな手汗によるニオイの解決策をご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

手汗専用のクリームを使う

私は、普段から手汗が凄くて「彼氏と手を繋ぐのが怖い」と悩んでいた時期がありました。きっと私のように手汗が原因でニオイがする人には色々と困っていることがあると思います。

  • 手汗で紙も濡れてしまう
  • ネイルサロンへ行けない
  • スマホやPCキーボードを壊す
  • 名刺交換をする時に気になる
  • 人と握手するのがこわい
  • 手が滑ってしまう
  • ハンカチが何枚も必要になる
  • 運転する時に手袋をしないと滑る

手汗をかくと、ニオイだけでなくどうしてもこういった悩みが出てきてしまいます。多汗症の可能性もありうるので病院へ行くことをオススメしますが、「今すぐに何とかしたい!」という場合に試して欲しいのが手汗対策クリーム【TESARAN(テサラン)】です。

これは付けた瞬間にサラッとなるので、汗が出る前に防いでくれてニオイも気になりません。時々、「脇用の制汗剤を使うから大丈夫」なんて人がいますが汗は脇と手では抑えるものが違うので意味がありませんよ!気になった人は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

テサランの公式サイトはこちら
使って実感!大好評の手汗対策クリーム TESRAN

体験レビューを見る

水分補給してニオイを緩和

あと、汗が臭いのは身体の中に老廃物が溜まっている可能性が高いです。まずは食生活を見直したり、いっぱい水を飲むといらない成分が排出されるのでオススメです。

よく「1日2リットルの水を飲むのは身体に良い」と言いますが、汗や尿となって老廃物がどんどんだされるので身体の中からキレイになっていくんです。

私も実際に1日の水分量で試してみたことがありますが、普段よりもトイレの回数が増えたので身体の毒素を出すのには丁度良い方法だと思いました。悪いものが身体からどんどん出て行けば、汗のニオイも緩和されていきますよ。

ちなみに水分補給といっても、ジュースはNGです。糖分を摂り過ぎてしまうと、身体に悪いので水分補給をする時はミネラルウォーターで水分補給してデトックスしましょう。

 

2. 爪に垢が溜まっている

「毎日手を洗っているのに、それでもニオイが取れなくて臭い!」という場合に考えられるのがです。ちょっと自分の爪を見てください。汚れや垢が詰まっていませんか?

時々、爪の中が黒い人っていますよね。見た目だけでも汚く感じますが、実際にも雑菌だらけで汚れが詰まっているのでとても臭いんです。

無意識のうちに頭を掻いていたりしてフケなどが爪に入っていたり、生ゴミを捨てている時に汚れが爪に詰ったりと汚れてしまう原因はさまざまです。

ここでは爪に原因が見られる人に対してどういった対策があるのかについて、まとめてみましたので是非参考にしてみてください。

手の洗い方を見直す

爪を切るのはもちろんですが、爪の形によって「人よりも汚れが詰まりやすい」という人がいるようです。

もし爪が原因なら、手の洗い方に加えて「爪を洗う」というのを意識して洗いましょう。私も手を洗う時は、「爪の中にも雑菌は潜んでいる」という話を聞いてからは爪と指先のキワを開かせて洗うようにしています。

ニオイがしなくても洗っておくことによって衛生面でも見た目もキレイになりますよ。仕事をしている時に名刺交換でも手は見られている部分なので、そこで爪が汚かったり臭ってくると気になりますよね。

爪を切って短くする

そもそも爪が長いと、その分汚れが中につまってしまうので出来るだけ短く切りましょう。家で出来るのでこれならすぐに試すことが出来ますね。

短くすることによって汚れが入りにくくもなりますし、衛生面でもプラスになります。結局は爪の垢や汚れからきているものでなのでそれを防ぐことができれば問題ありません。

私は、爪が長いと指をぶつけてしまって爪を割ってしまうので絶対に短めに切っています。自分で切ると形が上手く整わないなんて人はネイルサロンで切ってもらうといいですよ。爪切りで切っていくと形がバラバラで見た目がよくないんですよね…

サロンでケアしてもらうと、爪の形が均一で見栄えもキレイになりますし、何よりも仕上がりがキレイなのでおすすめです。最近では男性用でも「ネイルケア」のメニューも増えているので1度試してみる価値はあります。

ホットペッパービューティーの公式サイトはこちら
ホットペッパービューティー

 

3. 身体を触ってしまう癖

もしかしたら、無意識のうちにどこか臭う部分に触ってしまっている可能性もあります。

私は電車の中に乗っている時に人間観察をするのですが、無意識なのかおじさんが鼻をほじっていたり、子供が頭皮を掻いていたりと色々な人がいます。その触れている部分が臭っていたら手が臭くなるのも当たり前ですよね。

特に寝ている時なんて、無意識のうちにお腹を掻いていたり、もしかしたらお尻を掻いているかもしれません!自分だったらちょっとショックですが、「絶対にそんなことはしていない!」なんて言い切れませんよね。

ここでは、触ってしまう癖についてどのように対策すればいいのかご紹介していきます。今読んでいるあなたも知らないうちに頭を掻いたりしていませんか?これを読んで是非参考にしてみてくださいね。

臭いやすい身体の部分をケアする

もしも無意識のうちに触っていたのなら、「触らないように気をつける」なんて言われても寝ている時は難しいですよね。それならば、その臭っている部分を改善しましょう。例えば、【脇、デリケートゾーン、足】があります。

身体を洗うことはもちろんですが、臭うのは汗が混じっているので制汗剤を使うことをオススメします。

先ほどの臭いやすい部分の全てに使うことができる【クリアネオ】は、1日1回で効果が続くのでお風呂から上がった後に使うと臭いをピタッと抑えることができますよ。

返金保証があるので、万が一「自分に合わなかった」ということがあっても安心です!

クリアネオの公式サイトはこちら
【クリアネオ(CLEANEO)】

体験レビューを見る

4. 病気の可能性がある

先ほどでは、「手汗がすごい!」という話が出てきましたが[多汗症]が原因かもしれません。

  1. 何もしていないのに汗が凄く出る
  2. 両手や両足、脇と汗が出やすい
  3. 寝ている時はそこまで汗をかかない
  4. 家族や親戚に多汗症がいる

これが2つ以上当てはまると多汗症の可能性があります。これはホルモンバランスの乱れなどからくるので、ストレスが溜まっているとなりやすいです。

では、もし自分が多汗症の場合どのようにして改善すればいいのでしょうか?ここでは、その対策についてお話しますので是非参考にしてみてください。

注射で汗を止める

手汗対策クリーム【TESARAN(テサラン)】を使っても効かないという人は、【ボトックス注射】があります。

これは美容クリニックにあるものなのですが、最近では日常生活にまで支障をきたしているレベルの多汗症の場合は保険が適用されているそうです。この注射を打つことによって、5〜6ヶ月の間は汗を抑えることができます。

ボトックス注射を経験した誰しもが、声を揃えて「激痛」というくらいに痛みはあります。手汗を抑えるので、もちろん手に注射をしていくわけですから想像しただけでも痛いですよね。

ただし「絶対に治る」という保証はないので、「一時的でもとりあえずやってみたい」という人はクリニックで試してみてくださいね。

病院で診てもらう

ボトックス注射はクリニックなので、専門の病院で診てもらったほうが知識も得られるので安心です。方法としては、[内服薬]や[手術]があります。

ただし副作用があり、手汗は治まってきますが逆に乾きすぎてしまって頭痛や乾燥肌になることがあるそうです。こういったことがあるならば、正直私だったら「もう少し手汗改善グッズを試してみようかな」と思ってしまいます。

まずは自分で試せるグッズなどをやってみて、それでも手汗が酷い場合に最終普段として病院で診てもらうのがいいです。もしかしたら自分の気にしすぎて、「実はそこまで手汗が酷くなかった」と解決できた人もいます。

もし病院へ行く場合は、「皮膚科」で事前に多汗症の治療をしているのか連絡をして聞いてみましょう。全ての皮膚科が治療をしているというわけではないので注意してくださいね。

 

5. 触っているものが臭い

臭いものといっても、自分から触ることってありませんが日常でよく触れているものがあります。それは【小銭】です。お金って汚れはもちろん、雑菌だらけなのでとっても汚いんです。買い物などの支払いで触る機会も多いので、これが原因として考えられるかもしれません。

どうして臭いのかというと、手汗の塩分と硬貨の金属が反応してしまい酸化してあの独特なニオイになっているそうですよ。

これはちょっと番外編になりますが、臭っている小銭は洗うしかありません。私がやっている消臭方法を紹介しますね。

希塩酸に小銭を漬ける

薬局やホームセンターで売られている希塩酸を、水で薄めてコップなどで硬貨を漬けておくと新品のようにピカピカになります。もちろん臭いも消えているので、触っても手に臭いは付きませんよ!

臭いが付いた手に関しては、手を洗ってクリームでケアをしたりすることをオススメします。元はといえば、手汗の塩分が反応しているので手汗対策をしておくことも大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「手が臭い」という悩みについて

  1. 手汗による臭い
  2. 爪につまった汚れ
  3. 身体についた臭い
  4. 多汗症の可能性
  5. 臭いものに触れた

それぞれ考えられる原因と、それに対しての解決策をご紹介しました。恥ずかしくて誰にも聞けなかったという人は是非、この中で当てはまる方法で試してみてくださいね。